会社案内

種類から選ぶ

ビールのスタイルとは?

銘柄から選ぶ


名前から選ぶ


国名から選ぶ


地図から探す

複数配送

メールマガジン購読希望


■営業日カレンダー
赤字は【休業日】です。
配送もお休みとなります。


雑誌掲載

ビールの基本
ビールの基本


インターネットに信頼と安心を 株式会社ヒューメイア

信頼+低価格のドメイン管理・登録 Domain4.biz

ホスティング

スタートSSL

ドメイン名/SSLサーバ証明書の卸売り専門会社 ヒューメイアレジストリ

end
第一回 ビールの起源 〜古代エジプト・ヨーロッパ〜
 

そもそもビールというのは何でしょうか?
人類史の中でビールの本質を問えば、「麦芽を主原料とする発泡性の醸造酒」ということでしょうか。
麦など農耕が始まったのは、考古学的な調査によると今から8500年くらい前と言われています。
麦の栽培が始まればいつビールができても不思議ではないので、
ビールの起源は「今から8500年前から5500年前までのどこか」と考えたほうが自然と言えます。


さて、当時のビールはどんなビールだったのでしょうか。
近代のビールにはなくてはならない原材料のホップが恒常的に使われだしたのは八世紀の
ドイツのバイエルン地方が最初で、さらにホップの使用がヨーロッパ全土に広まったといえるのは
十七世紀です。従って、古代のビールは現在のような苦味ばしったビールではなかったということになります。


古代エジプトでは、ビールは嗜好品というより重要な食料の一つであったと考えられています。
労働者の一日の給料がビール二杯とパン数塊というような記録もあるし、
貨幣の代わりにビールが価値として交換されていた記録も残っているんです。


しかし、これらの古代ビールは古代文明の衰退と共に歴史の表舞台から消えていき、
ビールの活躍の場はヨーロッパへと移行します。ヨーロッパにおけるビールの歴史は、
ゲルマン民族によって育まれてきたといっても過言ではありません。
その始まりはメソポタミアから引き継がれたものなのか、独自に開発したものなのかは定かではありません。
文献に登場する最も古いヨーロッパのビール醸造施設は、9世紀初頭の
スイスのザンクト・ガーレン修道院といわれていますが、そのような大それた施設ができる前から
ビールが飲まれていたことは間違いないのです。


現在の英国にあたる地域では、五世紀頃にゲルマン民族であるアングロ族・サクソン族が移動してくるまでは、
蜂蜜を原料とした「ミード」と呼ばれる酒を造っていました。その後、アングロ族とサクソン族がもたらした、
麦芽を主原料とする酒、すなわちビールが造られるようになると、これをミードとは区別して「エール(Ale)」と
呼びました。甘味料として貴重な蜂蜜を使用しなくてよいエールは、
当初は安物というイメージもあったようですが、次第に英国でも主要な酒となっていきます。


次回は「ホップにまつわるビールの歴史」です。
お楽しみに☆


「ビールの歴史」メニューに戻る